ホーム > ブログ > リノベーションでの下り天井のラインについて

リノベーションでの下り天井のラインについて

  • 投稿日:2014年03月09日
  • カテゴリーブログ

LINEで送る
Pocket

011リノベーションの際に 意外と見落とされがちな下り天井のラインについて、

設計段階において、じつは、あまり気にされていないケースがありますが、

例えば、リビングなどで、ソファーなどに座っているときに 、その天井の様子は、無意識のときにでも、ずっと視野に入っていたりしますから 、居心地にはとても影響するといえます。

 

 

003

とくにマンションの場合 梁、または、排気ダクトなどのために 天井が下がっているところが多々あります。

最近では、梁や、排気ダクトを隠さずに 天井を張らない仕上げも多くなっており その場合は気にする必要はありませんが、

天井を張るケースでは 、出来る限り、下がり天井のラインをどこに合わせるかを、 忘れずに気にしたいところです。

 

ori

 

右の写真が、リノベーション前の下り天井のラインです。

 

 

 

004

 

キッチンを動かす際に、天井の造作を改良しました。

 

 

 

005

 

そして、右の写真が最終形です。

レンジフード(換気扇)の背部に下り壁が出てきていますが、

これは、安価のレンジフード製品を使うための措置です。

 

001

 

このように、天井や壁のラインを整えることは、

とくに費用を掛けずに、それでいて居心地の良い空間を作る方法として

とても有効です。

 

ただ、こり過ぎて失敗するケースもありますから 、

あまり余計なことをせずに シンプルに行きたいところです。

 

それではまた

コメントを残す

検索

神奈川県・東京都南部に対応させて頂いています。

  • 物件視察申込[無料]
  • お問い合わせ
  • ご相談・視察予定カレンダー
PAGETOP